• NEWS

    ニュース・イベント・ブログ

  • 春の七草

    2024年01月17日

    みなさん春の七草をご存知ですか?

    「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どもの頃に一生懸命覚えた春の七草の名前です。

    ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはかぶ、スズシロは大根のこと。
    この七草をおかゆにして1月7日に食べる七草がゆの習慣は、江戸時代に広まったそうです。
    七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多くなったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらおかゆをいただくその気持ちに差はありません。

    七草がゆの知恵

    ところで、なぜ七草がゆなのでしょう。
    七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。そこで、無病息災を祈って七草がゆを食べたのです。古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。こんな、おまじないのような食べ方もすてきですが、実はこの七草がゆ、とても料理にかなった習慣です。
    七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないおかゆで食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べ物です。また、あっさりと仕上げたおかゆは、少し濃い味のおせち料理が続いたあとで、とても新鮮な味わい。

    七草の効用

    では、日本のハーブ七草にはどのようなパワーがあるのでしょう。おもなものを次にあげてみましょう。

    セリ
    鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。
    ナズナ
    熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。
    ハコベラ
    たんぱく質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では古くから薬草として親しまれています。
    スズナ・スズシロ
    ジアスターゼが消化を促進します。

    もちろん、いずれもみずみずしい緑の草ですから、ビタミンがたっぷり含まれています。
    緑が不足しがちなお正月、滋養豊かな七草で料理してみませんか。

    先日、保育園でもこの七草を見て触れて美味しくいただきました😋


    保育園では子どもたちが食べやすいように少しアレンジもしています🥣

    PREV
    BACK
  • 内浜保育園(本園)

    福岡市西区小戸4丁目13‐10

    社会福祉法人明桂会の定款

     (C) 2018 UCHIHAMA HOIKUEN.